ひろばの「父ちゃんの料理教室」


 1,2月講師:関 みづえさんがやってくれました

エプロン姿、頭にバンダナ、マスク着用の者もいる。年のころはほぼ70代。

15人ばかりの参加者だ。

 かなりやり慣れている者、少しは家でやっている者、料理なんぞしたことがないという者がそれぞれ3分の1ずつというところだろうか。

 これが混合で5つのグループに分かれ、講師の用意したレシピと助言にしたがって進めていく。

が、しかし、勝手に思い込みで野菜を切る者多数あり。いらぬことをする者もあり、レシピを無視する者あり、緊張する者ありであるが、毎回美味しいものができあがる。

 「料理をしながら、洗い物をするのが基本」とよく言われるが、人数が多いので片付けが早いのも見ていて気持ちが良い。

 1月はサバ缶を使った料理、そして今回2月は市販ルーを使わないで、よく炒めた玉ねぎに薄力粉、クミン、バターを加え炒めていくという本格カレーを作って、「いきいきサロン」に参加されていた年配ご婦人方々と一緒に頂いたのであった。

「スパイスが効いていておいしいね!」の声を聞いて少し胸を張った「父ちゃん」たちであった。


© 2016-2018 中山地域づくり協議会  

〒390-0823 長野県松本市中山3746-1

TEL 0263-58-5822

松本市中山公民館地域活性化プロジェクト 住んでよかった中山