• chiikinakayama

「アヒージョ」なるものを作り、喰らう 「父ちゃんの料理教室&ちょっと一杯」

開催8月19日

男性を対象にした「父ちゃんの料理教室」の今回のテーマは「酒の肴」。おつまみを作り、そのあと軽くいっぱいやろうではないかという企画です。

 いつも顔をみせてくれる人を中心に9人。講師はかつて花の都お江戸でシェフをやっていた山口卓美さん。「アヒ―ジョをつくるでね。まあ、野菜炒めみたいなもんせ」

 ここに集まった男性はほぼ全員「家で料理はまったくやらない」と何故か自信たっぷりに言う人達で「あひーじょ?知らね。」も皆さん共通。

 それでも山芋や玉ねぎ、にんにく、唐辛子などをワイワイ言いながら切り刻み、フランスパンを切ってオーブンで焼き、たっぷりのオリーブオイルで素揚げしたあと炒めて味をつけ、ジャガイモのつき合わせ「リヨネ―ズ」にはシェフがマスタードをたっぷり。

 みんなでいそいそと宴会場(和室)に料理を運び入れ、ビールで「かんぱい!」のあとはいつものとおりで、話に花が咲いたのでした。焼いたパンにオリーブオイルとニンニクの香りに包まれた「アヒ―ジョ」は地中海あたりの味がしたのでした。行ったことないけど。

8回の閲覧

© 2016-2018 中山地域づくり協議会  

〒390-0823 長野県松本市中山3746-1

TEL 0263-58-5822

松本市中山公民館地域活性化プロジェクト 住んでよかった中山